中小企業診断士の年収と仕事

中小企業診断士の仕事は、この資格が誕生したばかりのころとは違い、今ではすっかり幅広いものになりました。
今では経営コンサルティングを行うための希少な国家資格です。名前のように、ありとあらゆる業種における中小企業の経営コンサルタントとして、企業の経営状況の診断・報告・そして今後につながる提案を行うことが最大の仕事となります。

その他の仕事内容としては、「公的な機関と中小企業の橋渡し役を務める」というものがありますね。公共の団体の中にも、民間企業を助けるための施設やサービスがたくさんあるのですが、それらの利用に関して企業に助言したり推薦したり、といった役目も発生します。

また企業のためになる仕事をする、という意味では「経営面以外のアドバイスをする」という使命もあります。たとえば法的な問題が見つかれば、法的なアドバイスもしないといけませんし、必要に応じて他の専門家を紹介することも求められるでしょう。

このように、中小企業診断士がやるべき仕事の量は途方もなく多いです。
社会における中小企業診断士の立場は年々上昇しており、年収面でも(データの数がまだ少ないのがネックですが)600~700万円台、あるいは800万円前後というデータがときどき公開されています。

ちなみに中小企業診断士の年収について、ひとつ付言しておかなければならないことがあります。それは社会保険労務士と同じで、勤務型と開業型の違いがあるという点ですね。
勤務型を選べば、年収は自然と安定します。これは見逃せない利点でしょう。年収のあがり方は、その企業の査定しだいとなりますが、長年かけて高収入をつかんでいくことは可能でしょう。

反対に、開業型であれば失敗の危険性は高いですが、その分大成功のチャンスも転がっているわけです。1000万円台だって、ただの夢ではないでしょう。

中小企業診断士の難易度

通信教育特集