ファイナンシャルププランナー(FP技能士)の年収と仕事

ファイナンシャルプランナーは、お金の専門知識を活かして、
各家庭のライフプランを提案していくお仕事です。

具体的な例を上げると、顧客が住宅を購入するので、住宅ローンを組むとします。
その時に考えなければいけないのが、頭金、毎月の収入・支出、税金、保険などです。

ただ、このようなことを考え、住宅ローンを組むためには、専門的な知識が必要になります。
特に税金・保険は、専門家でないと対応できません。

そこで、ファイナンシャルプランナーが、その家庭の財政状況を分析して、
最低な住宅ローンの組み方の提案をしてきます。
その他にも、教育ローンや老後の資金計画などといったことも提案いたします。

次に年収ですが、ファイナンシャルププランナーは、その多くが
保険・銀行・証券会社などに就職して仕事を行なうので、
業界の一般的な価格になります。

一部の例を上げると、銀行なら630万、証券会社なら660万円くらいです。
ただ、上記の年収は上場している一流企業の数字ですので、
現実はもっと低いと思います。

しかし、最近では独立開業しているフィナンシャルプランナーも増えはじめ、
成功して年収1千万円を超えている人もいます。

また、ファイナンシャルプンラナーが独立して仕事をすると、
顧客に最適なプランを提案できるので、信頼を勝ち取り長い付き合いになるので、
安定した収入を見込める可能性もあります。

これが企業に就職した場合、どうしてもその企業の商品や提案をしていかなければいけないので、
出来る事が限られます。

しかし、独立すれば、余計なしがらみがなく、
自由に仕事ができ、成功できるのだと思います。

ファイナンシャルプランナーは、日本に誕生して新しい資格ですので、
まだまだ未知の部分があります。

しかし、現在のような不景気だと、お金に関する問題も多く、今後仕事の需要が増えてくるでしょうし、 現在でもファイナンシャルプランナーへの問い合わせが多いと聞きます。

これから伸びていく仕事ですので、興味があれば是非チャンレンジして下さい。

FP技能士の難易度

通信教育特集