就職するまでに貯金はどれくらい必要? 

士業といえば、誰もが想像するのは「弁護士」や「会計士」でしょう。そのような士業の場合、事務所を構えていて、お客さんを待ち受けて~といったイメージが強いでしょう。

とはいえ士業も多種多様です。その中には、開業以外の働き方が確立されている種類がたくさん入っています。

たとえば社会保険労務士やFP技能士のように、開業型のほかに勤務型で活動可能な種類があります。
そして通関士や宅建士のように、勤務型が当たり前の士業だってあるのです

それでは、士業資格に合格を果たしてから、「就職しよう!」という生き方を志すとしたら、どうするのがいちばんでしょうか。

登録や研修といった合格後に踏まないといけない手続きが完了したら、その後は求人活動が待ち構えています。

それまでの受験一辺倒の生活からいきなり就職活動に転じるのですが、意外なことにこの過程で苦労する人がわりと多い様子です。

確かに就職・転職といえば苦労する人がいても不思議ではないでしょう。アルバイトやパートで面接を受けるのならすぐに決まりやすいですが、正社員での就職・転職は1年以上かかってしまうことだってザラにあるのですから。

もちろんそこには、年齢や地域といったさまざまな条件が絡んできます。一概には言えないのですが……それでも士業資格合格後の就職活動は、長期化して苦しむ危険性があることを認識しておくべきでしょう。

受験中にできることは少ないですが、「なるべくやったほうがいいこと」を少しだけ書き留めておきます。

・仕事や貯金
まだ仕事を辞めていないなら、やはり就職先が決まってから辞めるべきです。
辞めているなら、収入の手段の確保は優先事項です。

就職活動にもお金がかかりますし、長引けばどんどん出費がかさんでしまいます。
お金は大事に残しておくべきです。

・居住地域での求人チェック
入りたい職種の企業がどれくらいあるのか、そしてどのような企業があるのか、早めに調べることは大事です。
求人がどれくらい出ているのかも大事ですし、どんな方法で選考するのか確かめることも大事です。

行政書士の年収と仕事

通信教育特集