社会保険労務士の難易度!

社会保険労務士は、労働者に関する法律を取り扱うので、様々な法律の学習が必要になります。

出題範囲は、
「労働基準法及び労働安全衛生法」「労働者災害補償保険法」「雇用保険法」 「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」「健康保険法」「厚生年金保険法」「国民年金法」 「労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識」
の8科目になります。

さらに社会保険労務士は、各科目に合格点が設けられ、1科目でも合格点に届かなければ
不合格になります。
つまり、全科目満遍なく勉強しなければいけないので、より学習時間が必要になります。

次に合格率を見てみます。
平成18年 8.5%
平成19年 10.6%
平成20年 7.5%
平成21年 7.6%
平成22年 8.6%
平成23年 7.2%
平成24年 7.0%
平成25年 5.4%
平成26年 9.3%
平成27年 2.6%

一度合格率が10%台の年もありますが、基本的には毎年1桁台です。

また、社会保険労務士は受験資格があり、ある程度受験者の本気度が高く、
そして、学力の高い受験者が集まる傾向にあります。

その中での1桁台ですから、社会保険労務士は難易度の高い試験であると言えます。

では、どうすれば社会保険労務士に合格できるかとなりますが、
やはり独学での勉強を避けることです。

社会保険労務士の受験者は、独学で勉強する方が非常に多くなります。
しかも、ほとんどが社会人で学習時間が思うように取れません。
それで独学で勉強して合格できはずがないのです。

独学で勉強するということは、時間と量が必要になると言う事です。
それを学習時間が取れない社会人が、社会保険労務士の試験勉強をする事自体間違いです。
特に知識がない方なら、なお更です。

ですので、社会保険労務士にチャレンジする方は、
勉強方法を考えてチャレンジして下さい。

お金を使いたくないからという理由で、独学の勉強をしてもまず合格出来ません。
時間を浪費しているようなものです。

FP技能士の年収と仕事

通信教育特集