社会保険労務士の年収と仕事

社会保険労務士は、企業の労務や人事の仕事を法律面からサポートするお仕事です。

具体的には、
●社会・労働保険に関する書類作成・手続き代行
●就業規則の作成
●労働問題の解決
●社員教育の相談・指導
●従業員の採用や募集についての相談・指導

等といったようなお仕事です。
そこまで身近な仕事ではないので、イメージしにくい仕事ではありますが、
企業で働く人材が働きやすい環境を整えるための仕事と理解すれば良いでしょう!

次に年収に関してですが、一般的な平均は760万円と高くなっています。
また、最新の厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、
社会保険労務士の平均年収は、855万円となっており、弁護士や会計士を
抑えて、年収ランキングが1位になっているというデーターもあります。

ただ、一度お伝えしたように、あくまでも上記は平均ですので、
参考にならない数字です。

では、実際はどうなのかというと、社会保険労務士は、行政書士ほどの爆発力はありませんが、
安定して高収入を稼ぎ出す事ができると思います。

何故なら、取引先が企業となるので、1回の仕事の報酬が高く、
しかも企業と顧問契約を結べば、毎月安定した収入が見込めます。

実際に、そうした顧問企業を何社も持ち、年収1千万円を超えている社会保険労務士も
たくさんいます。

しかし、その反面、取引先が企業に絞られ、顧客獲得が難しいデメリットもあります。
そのため、人脈やマーケティング的なスキルが必要になり、
ある程度経営的なセンスも必要です。

もし、独立してやって自身がなければ、企業に就職するのも一つの選択です。

社会保険労務士は独立開業型の資格ではありますが、企業に勤務する
勤務社会保険労務士も多いのが特徴です。
その数は全体の3割くらいと言われています。

ただ、企業に就職すると、一般的な社員の年収と同じになり、
年収の高さと言う意味での魅力はなくなります。

社会保険労務士は、行政書士と比べられる事が多いのですが、
簡単にいってしまうと、行政書士は一気に年収を稼げる可能性があり、
社会保険労務士は顧客を獲得するのは難しいですが、
一度獲得してしまえば、安定した高収入が見込めると言う事です。

社会保険労務士の難易度

通信教育特集