司法書士の難易度

司法書士は、法曹の世界で難易度が高いほうにランクインする資格です。弁護士ほどではありませんが、「大半の法律系の資格より、難しい」ととらえたほうがよいでしょう。

学習する必要がある科目は、「憲法」「民法」「商法」「刑法」「供託法」「事訴訟法」「民事執行法」「民事保全法」「司法書士法」~と、数は多いです。それに、「不動産登記及び商業登記に関する知識」というジャンルまであります。

次に司法書士の合格率を見てみます。
平成19年 3.4%
平成20年 3.4%
平成21年 3.4%
平成22年 3.5%
平成23年 3.4%
平成24年 3.5%
平成25年 3.5%
平成26年 3.8%
平成27年 3.95%
平成28年 3.95%

※司法書士は、試験が筆記だけではありません。口述試験も重要です。
 このため計算方法は、最後の時点での合格者数をもとにしています。

合格者数が毎年のように3~4%程度となっています。近年は少しだけ合格率が上がっていますが、依然として過酷な試験制度であることに違いはありません。

そして合格者は平均して、3回は受けているといわれてきました。これでは、独学で合格できるチャンスなど非常に少ないと受け止めたほうがよいでしょう。試験が筆記と口述に分かれていることも難易度を高める原因になっています。また筆記試験の中に記述式問題が含まれています。この記述式問題では、登記申請書をつくるという実務に近い難問が待ち受けています。

ただし、通学しないと受からないとは言い切れません。たとえば弁護士の場合なら、通学は今も昔も必須といえそうです。いわゆるロースクール等に通って勉強漬けの生活を送らないとうまくいかないのです。/p>

司法書士もそれに近いと考えられてきました。ただし最近は、通信でも合格できるチャンスが増えています。これは、教材の進歩や合格方法論の進歩が主因のようです。

一押し?

通信教育特集