士業の年収と先入観の関係

まず、おすすめする士業の年収や資格の難易度を紹介する前に
必ず理解してほしいことがあります。

それは先入観でものごとを決め付けないことです。

例えば良くある例として、弁護士は高い年収を稼いでいるというイメージです。
確かに弁護士クラスになれば年収1000万円くらい方はたくさんいますし、
稼げる資格であることには間違いありません。

しかし、それ以上に年収の低い人の方が多いのです。
実際に弁護士になっても就職口がない、独立開業しても仕事がないなどの
弁護士はたくさんいます。

逆に年収が低いと思われている士業でも、実はたくさんの人が稼いでいたりします。

ですから、この資格は稼げない、
この資格は稼げるという先入観をまずは捨てて欲しいと思います。

それともう一つ覚えてほしいのが、インターネットの情報に惑わされないということです。
例えば、インターネット上では、行政書士という資格は年収が低いと言われています。

しかし、実は行政書士は非常に稼ぎやすい資格で、
年収1000万円以上の方はごろごろいます。

話は少し変わりますが、以前、士業の先生方が集まる勉強会
(集客やインターネットでのマーケティングに関して)に参加した時のことです。

「世間的には、行政書士は稼げないと言われているが、実は凄く稼げるのに、勿体無いよね!
まぁ~そう思ってもらった方がライバルは増えないので、ありがたいけど。」

という話が出ました。
このように話していたのは、実際の行政書士です。

つまり、何が言いたいのかと言うと、インターネットで気軽に情報を流す普通の方は、
表面的なことしか知りません。

考えても見て下さい。
実際に大きな年収を稼いでいる方は、頭が良いので、
わざわざ私が稼いでいると表に出てくることはしないはずです。

ですから、実際に稼げていない人達ばかりが表面化して、
行政書士の年収は低いと言われるのです。

そのような情報を鵜呑みにしてしまえば、
せっかく年収を上げるチャンスを棒に振るう事になります。

ここで話した事は、士業で年収を上げる上で、重要なので必ず覚えておいて下さい。

年収の高い士業と低い士業

通信教育特集