年収の高い士業と低い士業

士業といっても、年収の高い資格もあれば、低い資格もあります。
皆さんは、もちろん少しでも年収が高い資格が良いと思います。

そこで、このページでは、年収の高い士業と低い士業の違いを解説いたします。

簡単にいってしまうと、年収の高い士業は独立開業型の資格で、
年収が低い士業は勤務型だということです。

例えば、独立開業型の資格で言えば、
弁護士・社会保険労務士・司法書士・行政書士・中小企業診断士などがあります。

これらの資格というのは、何処かの事務所に就職することもありますが、
将来的には自分で看板を立ち上げて、独立することになります。

しかも、通常の起業と違い、まとまった資金は必要なく、
軽費もほとんどかかりません。
つまり、仕事の報酬のほとんどが自分の収入になるのです。

ですから、1千万円クラスがゴロゴロいます。

対して、勤務型の士業というのは、何処かの起業に雇われなくては
仕事ができないような資格です。

例えば、測量士・社会福祉士・建築士などです。

これらのような士業は、会社に就職して仕事をすることになるので、
飛びぬけた年収を稼ぐ事は難しいのです。
もちろん、独立する事もできますが、その場合、通常の起業と同じですので、
まとまった資金が必要になります。

また、社会福祉士のような介護系の資格になると、
法律の壁があり、どう頑張っても稼げる年収は高々知れています。

ただ、誤解のないように申し上げると、独立開業・勤務型という働き方だけで、
稼げる、稼げないと判断しているわけではありません。

他にもたくさんの要因があって、年収に影響してきます。
詳しいことは各資格の詳細ページでお伝えしますので、 そちらで確認下さい。

あくまでも、独立開業や勤務型というのは、
年収の高い士業を選ぶ上での一つの目安です。

平均年収のカラクリ

通信教育特集