士業年収アップの営業術

さて、前ページでは、士業としてある程度のレベルの年収を確保するための方法として、「オリジナリティを磨くこと」と挙げました。
しかしながら、どんなに魅力ある先生であっても、その方の存在が世に知られない限りは、当然のごとく顧客など集まるはずもありません。
士業で開業する方の場合、行政もしくは会社の人事部といった、いわばバックオフィス出身者が多いため、その大半は営業活動に不慣れです。
よって、その分野において光るものをお持ちであっても、そのアピールの方法を知らないといったケースがとても多いのが特徴。
結果、開業しても充分な年収を確保できずに終わる失敗パターンが、あとを絶ちません。

それでは、士業として独り立ちした後、どんな風に売り込んでいくのが得策なのでしょうか?考えてみましょう。

営業活動というと、一般的には電話や飛び込みで、といったイメージがつきものですが、士業の場合これらはあまり相応しくありません。
なぜかと言えば、士業は顧客に対して、知識やノウハウを売りにアドバイスをしていく存在ですから、常に経営者と同じ目線に立つことが必要になってくるからです。
ある日いきなり電話をかけてきて、ヘコヘコとへりくだるような態度の人間を、一体誰が「先生」と呼ぶでしょうか? 士業といえども過剰に偉そうな態度は禁物ですが、やはりある程度の威厳は不可欠であると言えましょう。

 最近注目されているのは、「ネットを通じた情報発信」という営業手段です。具体的な方法をひとつ挙げるなら、サイトを通じて自分の専門分野についての情報を発信していくこと。こうすることで、信頼性や豊富な知識をアピールすることが出来るようになり、その情報を見た人からアプローチをしてもらえる可能性もあります。
つまり、頭を下げて顧客を獲得するのではなく、反対に、アナタに仕事を依頼したい人から「お願いします」と言ってもらえる仕組みが完成するというわけです。
これなら、本来の士業の在り方を維持しつつ、電話や飛び込み、チラシといった一般的な営業スタイルよりも断然低コストで営業が可能であるといメリットがあります。

 ネットを通じた情報発信の方法としては、上記の他にもいくつもあると思います。アイディアと工夫で、新しい営業スタイルを考えてみましょう。試行錯誤のうちは苦労を覚悟しなければなりませんが、こうした努力を積み重ねることで、おのずと士業としての年収につながってくるはずです。

通信教育特集