宅建士の年収と仕事

宅建士は、ごく最近士業に含められた資格です。少し前までは、単に「宅建」と呼ばれていました。

その宅建士、主な仕事は不動産の売買取引を導くことです。

具体的には、
・不動産取引の際の重要事項の説明
・不動産契約時に発行される各書類への記名・押印

これらの業務は、宅建士の独占業務です。早い話、土地や建物の売買取引が行われるときは必ず宅建士が立ち会わないと成立しません。

よって宅建士の大半は、土地や一戸建て、マンションなどを販売する不動産会社に勤務して活躍しています。不動産の売買を事業にするなら、どんな会社でも宅建士を必ず雇用しないといけない、そんな法令もあるほど(5名に1名、という割合で雇います)。宅建士は日本社会では、法令でかなり保護されている職業なのです。

宅建士はサラリーマン(または、OL)として活動します。ようするに宅建士は給与や賞与、諸手当が収入です。年収は、平均して500万円台から600万円台。働きはじめたころは、300万円前後、またはそれ以下という事例だってありえます。しかし正社員で就職するのであれば、駆け出しのうちは年収が低めでも文句はあまり言えないでしょう。

では、年収が高額になるチャンスはないのでしょうか? 少しはあります。宅建士は不動産の営業部門に入る機会が多いですが、企業によっては完全なる固定給ではなく、歩合給制度を導入しています。これならば、高い売り上げをたたき出した社員には一気に高い報酬が割り当てられます。したがって、年収が7~800万円になる宅建士が出てきます。1000万円級の宅建士もいることはいるのです。

宅建士の難易度

通信教育特集